職権打刻について

車には1台1台番号が付いています。
これを「車台番号」と言います。

この車台番号は車検証にも記載されていますので、ご存知の方もいらっしゃると思います。

車台番号はすべての車に対して固有の番号を付けておりますので、同じ年式の車種でもすべて違った番号になります。

通常車のエンジンルームやタイヤの奥のフレームなどに刻印されています。

しかし何らかの原因で、この車台番号が消えてしまったり、見えなくなってしまうことがあります。
そのような場合にあらたに車台番号を打刻することを「職権打刻」といいます。

普段あまり聞きなれない言葉ですので、はじめて聞く人も多いのではないでしょうか?

下の写真は職権打刻の写真です。

【職権打刻された車台番号】


廃車にするだけでしたら、車台番号が見えなくても手続きは可能です。
しかしその車をあらたに登録するときは、このように職権打刻の手続きをする必要があります。


豆知識として覚えておいてくださいね。

Copyright © 2006 廃車引き取りで失敗しないために. All rights reserved